2020.08.25
Press Release

『チャーリー・パーカー生誕100周年追悼コンサート』世界初演の独占配信が決定!

「チャーリー・パーカー生誕100年」に追悼の意を込めて、ジョー・ロヴァーノがMUSERから配信ライブをお届けします!


「音楽ライブ・コンサートの生配信」を通じて音楽業界の革新を目指す株式会社BEAMING(ビーミング:東京都渋谷区 代表取締役:次呂久博幸)は、音楽ライブ・コンサートに特化したストリーミングサービス「MUSER(ミューザー)」から『チャーリー・パーカー生誕100周年追悼コンサート』の世界初演を独占配信することをお知らせします。


現代テナーサックスの王者として君臨し続けるジョー・ロヴァーノが「モダン・ジャズ(ビバップ)」を創生したチャーリー・パーカーの生誕100年に追悼の意を込めて、配信コンサートを行うことが決定しました。


本公演は、「MUSER」で7月より毎週日曜朝10時から配信している、在米ピアニスト井川弥生が送るオンライン・コンサート・シリーズ「ニューヨークからのラブレター」の特別エディションです。「ニューヨークからのラブレター」でも既におなじみになっている、ニューヨークはマンハッタン、ミッドタウンに位置する最新のピアノホール「クラヴィアホール」から、ジョー・ロヴァーノが自身のデュオを率いて演奏をお届けします。


<クラヴィアホールとクラヴィアハウス>
クラヴィアホールは、クラヴィアハウスが所有、運営する最新のピアノホールで、イタリアピアノの至宝FAZIOLI(ファツィオリ)のコンサートピアノを導入したジャズピアノの新たな聖地です。クラヴィアハウスは1993年にガーボル&スジェトリ・レザンジェ兄弟によってニューヨークに開かれて以来、楽器製造の技術と献身さで世界中の芸術家に愛されてきたピアノアトリエです。


「チャーリー・パーカーは鳥のように無心に演奏するんだ。」テナーサックス奏者のジョー・ロヴァーノは語ります。
「クラヴィアホールは私がチャーリー・パーカー生誕100年を記念する録音をするにあたって最適な場所だった。ピアニストのレオ・ジェノベーゼが素晴らしいFAZIOLI(ファツィオリ)のピアノを奏で、最高の経験となった。」と、コメントしています。


配信コンサートは、チャーリー・パーカーの誕生日である8月29日(日本では8月30日、日曜日)の朝10時より「MUSER」にて独占配信致します。


■公演名:「JOE LOVANO Streaming Live -チャーリー・パーカー生誕100周年祭-」
■配信日時:2020年8月30日(日)
■配信時間:開始/10:00~(日本時間)
■配信チケット料金:2,500YELL(¥2,500+税)
■出演者アーティスト:
・ジョー・ロヴァーノ(テナーサックス、クラリネット、フルート奏者)
・レオ・ジェノベーゼ(ピアニスト)
■配信プラットフォーム:MUSER(ミューザー)
■チケット購入(発売中):https://muser.link/#0830-1
*MUSERはスマホ、PCのどちらでもお楽しみ頂けるサービスです。
*事前にMUSERへのアカウント登録(無料)が必要です。
*MUSER公式ページからブラウザでご視聴頂けます。
*チケット購入はMUSER内のデジタルマネーYELL(エール)を使って購入頂きます。
*詳しくはMUSER:https://muser.link/
*よくあるお問い合わせ(サポートセンター):https://support.muser.link